最近のトラックバック

« ローストナッツ・ローストシード | トップページ | よく頑張った! »

かなり強いスクールバス

越してきて、学童を守る姿勢には感激した。
というか、アメリカという社会全体が(建前かもしれないが)子供をとても大事にしてる。
なんてったって、妊婦から世の中の扱いが違う(妊娠か体が大きくなってしまっただけか、分かりかねるヒトもいらっしゃいますが)。
友人曰く「妊婦は世の正義だ」。。。確かにねぇ。

NYに越したとき私はほぼ臨月でした。
初めてのアメリカ生活(観光、はあってもね)、生活する上で使わざるを得なかった「悪評しか聞かなかった地下鉄」、でもどこでもみんな、びっくりするくらい優しかった。
腰より下にだぶだぶデニムをずらした強面のアフリカンアメリカンのおにーさん方さえ、横断歩道を渡ってた私の所に突っ込みそうになった車に向かって、ものすごい剣幕で怒ってくれた上、ひとりが「反対に渡るまで一緒にいく」って言ってくれた。私はビックリと有り難いので泣きそうでした。
おなかが大きいうちは「予定日はいつ?」って話しかけてくれる子連れの綺麗なお母さんがいたり、まだ小さい娘をストローラーに乗せてると「なんてかわいい!」(注:cute, adorable, pretty, beautiful は、真実は別として子供や赤ちゃんの「定冠詞」です。)と知らない方からも話しかけられる。

そして、子供に対する眼差しは皆(ええ、ホントに大抵)やさしい。ときどき調子に乗ってえらくマナーの悪い子供が居るが、それすら許容される。。。←これはやりすぎだろう、いくらなんでも。

日本でも子供の学校への送り迎えや登下校時父兄が交差点で旗を持って安全確保をするけれど、こっちはものすごい。登下校時、学校周囲には黄色の点滅がつき、自動車はある程度の区間は時速20マイル以下(時速30キロくらい)で運転する義務がある。普段は住宅街の中でも時速50-60キロ出してる人達が、みんな時速20マイル以下。
街中だろうが、幹線道路だろうが、関係なし。朝なんて、学校周囲は大渋滞です。

この渋滞が嫌なのと、出来るだけ近所の友人も作って欲しいので(いや、楽だって言う本音も。。。)子供には学校の行き帰りにスクールバスを使わせている。


P1000811

うちの近所のバスストップ(といっても、標識はないです)は住宅街の奥なので、登下校時には殆ど問題ないはずですが、ちゃんと子供の乗降のときは両肩?のランプが点滅し、バスの左側面(つまり他の車が通る、もしくは対向車線から見える)にとおせんぼ状態で2つのストップの標識が出ます。


Schoolbus

そしてこれが出たときは、「同じ車線だけではなく対向車線も」みんなストップです。

ところで、我が家の近所には大きな幹線道路(片道3-4車線)があります。高速道路の出入り口付近なので、普段は時速60マイル(時速90キロくらい、勿論違法)とかで走る車もみるほど。

っがっっ!!!

昨日見てしまった、スクールバスの点滅+ストップサインで、その計8車線ある部分が一斉に止まっているのを!!!! これはなかなか、壮観です。
一緒に乗っていた息子、「なんでみんな動かないの?」
バスのことを説明すると「うわー、スクールバスって、とっても強いんだ!すごいねー」

たしかに凄い風景だった。でも強いって表現は。。。。???

« ローストナッツ・ローストシード | トップページ | よく頑張った! »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058622/25125305

この記事へのトラックバック一覧です: かなり強いスクールバス:

« ローストナッツ・ローストシード | トップページ | よく頑張った! »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

moiつぶやく。

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ