最近のトラックバック

« Crater Lake NPの旅 その4 | トップページ | Crater Lake NPの旅 その6 »

Crater Lake NPの旅 その5

P1020577_2
さぁて、この公園について3日目、
今日はクレーターレイクの水に触ります!!!

←の写真、魚じゃないよ、雲の影だよ。

P1020583

レイクのボートツアーは2種類あって、ひとつはボートに乗って説明してもらいながらそのまま1周(でも2時間かかる)するもの、もうひとつは真ん中の島(ウィザード島という)に立ち寄り、噴火口までトレイルを歩いて帰るモノがあります。
今回は船が一艘故障、ってことで、島には寄らないツアーのみでした。

P1020591

クレーターレイクは、レイク周辺が断崖絶壁。
だから水辺へのアクセスは1カ所のみ、リムドライブから歩いて30分(下り!!!)かかります。

ボートツアーはマザマのインフォメーションセンターでも予約できる?みたいですが、ロッジやキャンプサイトを使っている人なら 電話予約で(むこうがこちらのカード情報からメンバーの構成から、全部データにあるんで)翌日以降の予約が出来ます。詳しくはロッジで聞くのが一番です。
P1020594_2

ってことで、乗船場までのトレイルの途中なり。
もう、いつ着くの?って言うくらい、降りる、降りる・・・・

P1020598

やったー 
乗船場が見えてきたー!

P1020601_2

P1020606_3
これが今回乗る船でーすship
クラマス、っていうのはこの辺の地名にもありますね。もとはこの地方のネイティブアメリカンの名前でもあり、その言葉の由来についてはこちらに詳しいです。
P1020609
ナイアガラツアーじゃございませんrain
昨日からの強風で、波waveが高くてしぶきがすごいのです。
希望者にポンチョを配ってくれました。

風が強くて寒いくらいなので(私は長袖Tシャツに一枚フリースを着ていましたが、それでも寒かった)ポンチョをずっと着ていました。

P1020616_2
クラマスインディアンは この山を神の山、として崇めたそうです。

金を探して来た西部開拓の人が最初にクレーターレイクを見つけたときは、(最初はその場所をしっかりと確認出来なかったため次にまた見つかるまで時間がかかっています)金を見つけなかったが夢のように美しい湖があった、と伝え、伝説のようになったと言います。

P1020620_2

この岩も噴火活動で出来たらしい。


P1020631

こうして湖側から見るとウィザード島は小さく見えますが、登るとなるとどっこい、結構なものらしいです。

P1020640

この青さ。。。ただただ、見とれます。
クラマスインディアンや彼らと接触した開拓の人達がのこした沢山の伝説?があります。
こちらに詳しいですが、「医者となるため(治療法を探すため)レイクに来て泳いで山の上で石を積んで・・・を夜があけるまで行うと、そこで初めて眠ったとき、夢に出てくるモノがなんであれ薬となりその人間は医者となる」、とか、「知人の女性(恐らくクラマスインディアン)に連れられ馬で行った先で、それまで閉じていた目を開けるように言われたら湖の上に老人が立っていた。」とか、「レイクの底に人が連れ去られることがある。レイクに水がないのを見たという人もいる。レイクの底には水はなく、動物や人間が住んでいる」とか。
P1020648_2

でも、この色と景色と、その神秘的な美しさはどんな伝説も本当だったのかも、と思いたくなります。


P1020658_2

ここの水は基本的に雪解け水です。
水は地下水となり周囲の山の間から流れ出ていくのだそうですが、一部は周囲の尾根からしみ込み、このように滝となってレイクの方に落ちてくるのだそうです。

P1020662

ファントムシップ島のまわりも、2周してくれます。
こんな近くでみると逆に「なんでもない」島なんですけど・・・・でも命名がすばらしいですね、想像力をかき立てられる。

P1020680

なんとかキャッスルと命名されてました(忘れた)。

書いていませんでしたが、クレーターレイクは噴火口ではなく、火山活動で一帯が隆起、中心部の地下のマグマが無くなった(下層にあったガスに押し上げられた)ために噴火が落ち着いた頃、中心部が3000フィート(1000m?!)以上沈下し出来た、と言われています。
クラマスインディアンの伝説にも ある朝山がなくなっていた、と言われているそうです。


P1020683_2_2

この日はクレーターレイクロッジのレストランを予約(5時か、8時15分しか取れる時間はなかったので後者を予約)していました。ボートツアーを終えトレイルを登り、リムを半周してテントに戻って、4人でまとめて久し振りのシャワーを浴びた後 ご飯の時間まで焚き火をしてまったり。
人間に戻った気分でかなり 全員ぼけーっっとしてます・・・・


P1020688

ロッジからの夕焼け。
さて、このレストランですがリーズナブルでしかもかなり美味しい。
アメリカの国立公園内は、キャンプ用品もこういうレストランも、躊躇してしまうような値段に出会いません。すごいことです(だって、こんなアクセスの悪いところだったら、日本では飲み物類は都市部の2倍以上の値段がするでしょう?)。

ロッジはリピーターが多く、早い時期に予約で埋まるそうです。
そしてレストランも彼らはその時期に予約入れちゃうんだとか。
勿論、ほかに食事を提供するところは限られている、というのはありますが、常に満員、サーブする方もずーっと働いているのです。大変だねぇ。
美味しく夕ご飯(しかも私がつくらなくていい!)をいただき、幸せになってテントに戻ったのでした。

« Crater Lake NPの旅 その4 | トップページ | Crater Lake NPの旅 その6 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

船着場の写真は
私の里の「東尋坊みたい」って思っちゃいました。笑
アメリカの国立公園めぐりしてみたいですね~~~
あ~~でもフロリダのディズニーは一度はいかねば子どもらにブーブー言われそうだし
(実際駐在3年目にもなって行っていない方が珍しいんです・・(;^ω^))


こんにちは、えいと@です。

すごい! ものすごい青い空!湖ですね〜!
きれいだわ〜!
ピーカンってこういうのをいうのですよね〜。
気持ちいいだろうな〜。
こういう場所でボーッと過ごすの、えいと@も大好きです〜。


↑おね太郎さん、東尋坊がお里なんですか?
あの辺、好きなんです〜〜〜。
いいですよねー。また行きたい〜。
横レス、ごめりんこです〜。

   えいと@

<おね太郎さん>
あ、東尋坊のほうなんですか。私は行ったことないんですけど、とても綺麗だってあちら出身の同級生が言ってました。
ディズニーワールド、私も行ったことないです。なんとなくこのまま行かないのでは。・・・とちょっと危惧 笑

<えいと@さん>
そうなんです、ただ美しい景色が広がる、それだけなんだけど、リピーターが多いのも頷けます。グランドティートンもそんな感じだったな・・・
でもだんだん、行ってない国立公園も遠くになってきて、気合い入れて予定立てないと・・・しくしく。次はワシントン州を狙ってるんですけど。

ハロー。moiさん。。。

クラマスインディアンの神秘というか
なぞというか、かしこさみたいなのに
ちょっと興味をひかれます。

まだまだいろいろな不思議の伝説がありそうな
クレーターレイクですね。
行ってみたい〜です♪

フロリダとは全く違った景色で、これはキャンプのしがいがありそう!!
もしかして今の時期、空気って乾燥してます?
だとしたら夜空もきれいだろうなぁ。

すごいの、マジで蚊が!!
比べると日本の蚊なんて屁です、屁!
はい、ダンナ、アウトドア大好き人間です。

<ミントさん>
オレゴン、って、気合い入れないと逆に行けない(少なくともユタの私には。。。)のですが、綺麗だし人間もみな優しくてものすごく気に入りました。
クレーターレイク、ちょっと予約は取りにくいですがロッジに泊まってゆっくり眺めて、でも十分楽しいかと思います。是非お嬢さんと、いかが?


<reeさん>
今の時期もなにも、多分中西部って基本的に乾燥してるんですよ(アリゾナほどじゃないけど)。アリゾナ、ネバダ、ユタって、ものすごく乾燥してるし、ここオレゴンでも日中汗をかいてもすぐ乾くくらいでした。星もすごかったですよ。

えぇぇぇ、日本よりすごい蚊って?!それは怖くて行けない・・・・

是非ご家族でアウトドアやりにユタに来てくださいなっ(キャンプ道具、うちからお貸ししますぜ♪ ひこーきで身軽にぴゅーん、と・・・笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058622/31151203

この記事へのトラックバック一覧です: Crater Lake NPの旅 その5:

« Crater Lake NPの旅 その4 | トップページ | Crater Lake NPの旅 その6 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

moiつぶやく。

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ