最近のトラックバック

« 京都旅行 その4 | トップページ | 中山道の旅 その2 »

中山道の旅 その1

おじいちゃん・おばあちゃん(義父母)、じぃじ・ばぁば(私の両親)と一緒に、8人での旅行をしました。
行き先は中山道、馬籠宿と妻籠宿。
名古屋で落ち合い、ここから中央本線(名古屋ー塩尻間。この路線で松本、長野へと行けます。)で中津川へ(特急で50分弱)。

馬籠宿までは中津川からバスで30分弱です。
↑馬籠宿って?って言う方、リンクを見てください。
馬籠宿は、岐阜県にありますが殆ど長野県との県境です。
詳細はまた後ほど、2日目の散策報告を見てください・・・

Tajimaya2

今回御世話になったのは但馬屋さん(民宿です)。
バス停から馬籠の急な坂道を上り、坂道の真ん中くらいにあります。
HPのせいもあるかと思いますが、外国人客が多いところでした。

HPをもっているところは何件かあるんですが、結局自分で調べてここにしようかな、って思うのってHPの紹介の写真や、そのリンクの豊富さとかなのかな、と今回思いました。
歩いてみたらいろいろ宿泊場所はあるんですけどね。
世に知られるって事は、難しいけど大事ですね。

2009_015

この日は生憎(っていうか、私が雨女?)雨。というより、ときどき「ざーざー」です。
バス停を降りてすぐのおみやげ屋さんで300円の折りたたみ傘を2コ買い(祖父母は流石に、みんな自分の傘持参)、まー300円傘は2日半で壊れるんですが、とりあえずは助かりました。
上の写真は、雨がようやく上がって、宿の前から坂の下を見たときの雲海。

2009_019

じぃじとダンナ様と3人で、雨の上がったところでこの坂をぐるり、と。

2009_020

石畳も含め、町の雰囲気をよく残してあります。
あ、そうそう、この坂を登り切った、高札場の目の前にあるおそば屋さんでお昼を頂いたんですが、美味しかったですよ。基本的にザル2枚が一人前、なので、小食の方はshareという手も・・・でもソバ好きには嬉しい量ですし、追加は一枚ずつ受けてくれるはず。

夜は但馬屋さんでゆっくり。ここのお米はみんなご主人の自家栽培だそうでとてもとても美味しい(小食の私の母がおかわりしたんだからすごい)。
夕食のおかずは鱒の甘露煮や蕎麦寿司など、食べきれないほどですが食べましたψ(`∇´)ψ。
お風呂は小さいけれど木曾五木を使っているとかで。女風呂は檜だったかな?とても良い香りでした。
食事の後には、木曽節とおどりを娘が習ってました。こういう、ちょっとしたイベント?を宿でやっていてくれるのは嬉しいですね。とくに、こういう田舎では夜が早いし、若い人にはつまらない・・・ってこともあるかもしれないし。

そうそう、この宿、入り口にPCが置いてあって、宿泊者は使えるようになってたみたい(朝に出掛けようとしてる外人さんグループが一生懸命調べ物してた。)。
流石にブログアップ、は出来ませんでしたが(あたりまえだっつーの)
でもちょっと嬉しいですよね、こういうのがあると。

馬籠宿、色々見所はあるんですが雨のためにあんまり写真を撮りながら・・・って訳にいかなかった(防水カメラだけど、兎に角すごい雨で傘をもって子供を見てるとそれで手一杯)のが残念。
でも良いところでした。
もう少しゆっくり、見て回れたらもっと楽しめたかもしれないなぁ。残念。

« 京都旅行 その4 | トップページ | 中山道の旅 その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

里帰りしても、東北からじゃあちこち行くのも不便で出かけない私。
色々楽しまれて羨ましい限り!
湯葉っておいしいですよね~。
盛り付け方にうっとりしちゃった。


こんにちは、えいと@です。

いいですね〜。
ステキな旅行ですね〜。
こういう旅館、泊まってみたい〜。


ところで えいと@は京都人でありながら、実は京都をあまり知らないのです。
自分のふるさとのこと、知らないって悲しい〜。
なので、一時帰国した時にはちょくちょく京都を歩いています。

日本っていっぱいステキなところがありますよね。
最近の若い人はすぐに海外旅行〜!って思うみたいだけど、
日本のステキなところもいっぱい見て欲しいなって思いますね〜。

  えいと@

妻籠馬籠に行かれたのですね!
私も好きですよ~~
確かここって平成の大合併で岐阜になったような記憶がありますが違ったっけ???
さすがに「蜂の子」は食べなかった?笑

私も日本に泊ったホテルに共有PCがあったけど、さすがに更新まではできなかったなーー
コメントとランキングぽち☆はしてたけど。笑

<reeさん>
いや、日本の家族のサービスと、日本らしさを子供達に見せたい。。。なんて思って計画したけど私がへとへとになりました。ちょっと後半は、きつい日程だったかも・・・
休みというとぎゅうぎゅうに詰め込むのは、日本人の性格でしょうか???

<えいと@さん>
親(しかも義父母も)一緒なのである程度のサービスのところに泊まらなきゃ、と思ってたんですが、ここは「民宿」であれこれ自分でやらなくてはいけなくて、いやー嫁の立場としては気をつかう、つかう・・・笑
でも、風情のあるところで良かったです。今時日本で一人一万円以下で泊まれたのは嬉しかったし♪

そうそう、日本の良さを知って欲しい・・・って思いますよね。でも国内旅行ってヘタに海外行くより高いんだよね。。。これがきっといけないんだ。


<おね太郎さん>
そうなんですね、合併して岐阜県、だったんだ。
ってことは、もともと長野??
10年前くらいに当時飯田にいた姉がドライブがてら「蕎麦たべるぞー」って連れて行ってくれたのがここでした。いいところですよね。もっともっと、世界にアピールしても良いのに、って思う観光地なのに、意外と日本人にも知られてなかったりしますね。

すっごく素敵な旅日記をどうもありがとうございます。お宿も情緒たっぷりで良いですねえ。
私も母を連れて行ってみたくなりました。
それにしても双方のご両親とご一緒にご旅行できるなんてとっても良い関係を築かれていらっしゃるんですねえ。そういう関係に憧れます。

<万葉さん>
折角だから皆で旅行を、と言い出したは良かったのですが、今時の宿は高くて・・・というのが、今回このコースになった一番の理由なんです、お恥ずかしながら。(゚ー゚; 
いずれの宿も一泊8千円前後!
でも、結果的にとても良い旅でした。
是非、ぜひ一時帰国の際はチャンスをつくって行ってみてください。

ハローです。

よろしいなあ
侘び寂びの旅、、。
中山道、馬籠宿と妻籠宿。
アメリカに住んで今更ながら日本の
こういうところを旅したくなります。
帰国してもなかなか出かけられないので
近い将来の楽しみにとっておきます〜。
おそば、、、。いいですなあ。

<ミントさん>
ええ、アメリカにいなかったら、わざわざ行こうって思わなかったかも?でも良い所でした。
あのおそば屋さん、包丁で切ってる感ばりばりの太さと短さ、いいですよー。是非行って下さいな。
うちの小僧がこのときから蕎麦にはまりました。。。オヤジ小僧なんです、ハイ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058622/31029344

この記事へのトラックバック一覧です: 中山道の旅 その1:

« 京都旅行 その4 | トップページ | 中山道の旅 その2 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

moiつぶやく。

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ