最近のトラックバック

« 久々に大人気なく・・・でも間違っていないと思う | トップページ | ときどきしか作りませんが。 »

その後の報告とありがとう

えーと最初に。
昨日のえらくネガティブな記事に対して 暖かい言葉、感謝してます。
どうもありがとうございました。
(明日が早いのでお返事はまた後ほど。。。本当にありがとうございました)

まずは報告。
今日夕方に息子の宿題を手伝っているとき聞いたのですが、
今日担任の先生が「クラスを手伝ってくれる大人に失礼なことを言うことは絶対許されない」という話をしていたようです。
息子の通訳には限界があるので詳細は不明ですが、
その時 別グループにいて昨日のことを知るはずのない息子は
私が相当怒ったこと、そしてそれが誰に対してかを知っていました。
「多分ママの昨日のことだよ」と・・・
私が叱ったのは3人のうちの一人、彼女は多分私が本気で怒っていたことを分かったのでしょう。
今日その話がされたということは彼女が話したか、
同じグループの子供が報告したか、ですね。


おね太郎さんの言葉の通り
多分これって、大問題なんだと思います。


でも正直、この土地のバックグラウンドも有るかもしれません。
ここは7割以上がpureな白人社会です。
まだあからさまな差別も存在します。
今はステキな日本人・アメリカ人の友達が私の周りを
頑丈に固めて守ってくれていますが。


Dual-immersion classには 世の中の広さを知って欲しいと願う親も勿論殆どなのでしょうが
『失礼なんだけど あなたたちが井の中の蛙から脱出、が最初では?』みたいな方も
いない訳じゃないんですよね。

今回の3人の中の一人は、既に息子と、学年の違う娘とにかなり酷いことを言ってくれてます。
クラスに行く度 話を振って諫めようと言っても これこそ
 馬の耳に念仏
 暖簾に腕押し
 糠に釘 ・・・・・
これまたほんとーに失礼な言い方になるのは承知ですが
「あんたは世の中知らなすぎの親に育てられてるとしか思えない・・・」
と、何度クチから出そうになったか・・・

息子のクラスの8割は白人です。
他の国籍を持っているのはロシア人の子とうちの子だけです。
国籍はアメリカながらヒスパニック、と言う子は2人。
例のチャイニーズの女の子はadoptされた子ですから本人は「アメリカ人」というプライドがあります。

覚悟していたけれど想像以上に動揺してしまい まいったなぁ、って感じですね。
せめてあのチャイニーズの女の子には、少しだけでも伝わっているといいんですけど。
彼女だって、そのうち必ずアイデンティティーの壁にぶつかり誰かに指をさされ、するのは確実なのだから・・・・

« 久々に大人気なく・・・でも間違っていないと思う | トップページ | ときどきしか作りませんが。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

遅くなりましたが…
あけましておめでとう!!今年もどうぞよろしくお願いしますheart

他人の子供を本気で叱れるお母さん、かっこいい!!!私もそういう大人になりたいな(´・ω・`)

新入りチャンにもよろしくね~

moiさん。ハローです。

なるほど、。そちらは白人社会の井の中の蛙系もいるんですね。
サンフランはそのあたりびっくりするくらい白人、
金髪を探すのがむずかしいくらいの地域なので、アジア人は楽かも。
中国系とかの微妙な差別意識もあるかもしれないけど、あからさまなかんじはそちらほどじゃないかもしれません。

>今日その話がされたということは彼女が話したか、
同じグループの子供が報告したか、ですね。

……多分、その彼女は自分を守る為にはそんな申告はしないでしょうから他のコドモから伝わったんでしょうね。

思うんですけど、我々のコドモはしなくて良い
思いをもしかしたら経験しているかもしれなんですけど、それはきっと辛い事ではなく世界を知る第一歩であってここにいなければ知らなかったことなので将来的良い財産になる、、と思いませんか?
ある意味ピュアだけどすごく強いし、自分を持って行けると思います。我が娘を観ていて思います。
がんばれ〜〜。息子さん。お嬢さん!!

母はおそらく何も出来ない、、と実感する今日この頃。

なんか前回の記事読んで、やっぱ差別ってあるんだなーって思っちゃいました。やっぱここが田舎だからじゃないですか?(とかいってなんでも田舎のせい(-_-X)
私がオーストラリア、ハワイにいた時はアジア人がかなりいたし、みんな「日本人」「中国人」とかっていうより大ざっぱに「アジア人」っていうようなくくりをされているように感じました。海外で学生をしたことのある方は知ってると思いますが、住むところを探すとき、きれい好きで清潔な「日本人」というのはとても重宝がられます。日本人だったら部屋を貸してあげる、っていう逆にいい意味での差別です。空き部屋入居者募集のチラシにも「Japanese only」とかってあからさまに書かれているのもたくさんあるくらいで。
アメリカだったら許されない差別かもしれないけど。そういうチラシをもし他の国の人たちが見たら、きっとmoiさんと同じような気持ちになるでしょうね。
逆にNZで1カ月間バックパッカーしてたとき、どこの宿でもヨーロッパ人からはとても冷たくされました。共同キッチンでインスタントラーメンを作っていた韓国人の男の子に、よってたかって「それ臭いから作らないでくれる?」みたいに詰めよってた人たちもいました。ひどいですよね。そりゃちょっと強烈な匂いかもしれないけど。
でも次の日には私もその子と一緒になって臭いもの思いっきり作ってやりました。(やり返し )
私たち大人の間でもそういうぶつかり合いがあるんだから、moiさんの言う通り、色んな経験の少ない子供たちには厳しいですよね。よくうちの夫が日本について友達から「どんな国?」って聞かれた時、まず最初に言うのが、日本人から差別を受けた覚えがほとんどなかった、っていつも友達に熱弁しています。
そのたびに、日本人って多民族国家じゃないのに、寛容な国だなあ、って思います。

うーん、、やっぱり土地柄もありですか・・
白人地域で宗教もからんでいる、お土地柄ですものね・・。
悲しいかな「差別」が存在すると認めているから大問題になるのですよね。
これはあくまで想像でしかないのですが、その問題のお子さんの親御さんは
差別されてきて、それをプラスに持っていかずにネガティブに捕らえ
自分達より下と思われる民族を無意識のうちに差別するような言動を取っているように思えます。
はっきり言っちゃうとこちらでも
韓国、中国系は教育のせいか、憧れの反発か、日本人を下に見ようとする傾向はあります。
韓国系のスーパーなんかでも白人には愛想がよくて(おそらく発音からわかるのでしょうが)日本人には冷たい。というのも聞きます。
でもねぇ、、将来、そのお子さんの方が「中国系」って事で反発くらう確率は高いんですよね。いいイメージがないから・・。
そうなったとき彼女はいい方向にいけばいいのですが・・
だから、今回のmoiさんのとった行動ってのは正しいし、やさしいと私は思います。
もっともっと手の込んだ差別なんていっぱいあるし、大人ならではのいやらしさもこれから体験するでしょう。
そんな時、moiさんがなぜ怒ったか?とやっと理解できるのではないでしょうか。

ここの養子にたいする考え方とかシステムって私達、日本人には理解できない事部分あると思わない?子育ていろいろだけど、首を傾げる事多い。養子の場合、たまに、全然子供に本来のルーツを教えないで育てていく人と、反対の人がまっ2つだよね。うちの子のクラスメートは、やはり中国から2人養子をもらっているけど、私が感心するのは、お母さんが中国のカルチャー、歴史なんか勉強していて、子供達の本来のIDを大切にしながら育ててるんだ〜。だから2人とも、自分が中国人である事を誇りに思ってるし、うちの子が持っていくお弁当に凄い興味を持ってるの。お握りとか、うどんとか。。。息子君のクラスメートは、可哀想だよね。将来苦労するよ、確実に。だって、既に偏見を持って物事見てるもの。かなしいね。。。。。  養子も難しいものだ。

再びごめんなさい。
英語の一文字抜かして読んでいたわ。苦笑

養子ですか・・。
だったらいわゆる「無知な白人」の親御さんかもね。あの宗教は白人至上主義みたいなとこもあるし(親御さんは違うのかもしれないけど)
こちらでもいまだに
日本を含めてアメリカ以外の国は貧しい。
だから送金してる。って思い込んで譲らない人いますよ。
駐在でもアメリカ勤務なんて名誉でしょ!みたいな。苦笑

でもねぇ、その子はいくら親が白人(違うかもしれないけど)だとしても
本人の肌も髪もアジア系です。
間違ったプライドを持てば持つほど
その子は将来は暗いですよね。
プライドってそういう事じゃないのよ。
「人間そしての尊厳」なんだよと理解できる日はくるのでしょうか・・・


こんにちは、えいと@です。

前回の記事も拝見しました。
moiさんは間違ってないです!(きっぱり!)
何でしょうね、この発音をバカにするって…。
母国語じゃなかったら誰だって発音にはアクセントがつきものなのに。

おね太郎さんが書かれてるように、
韓国、中国系の人は日本人とわかるとあからさまに態度を変える人が実際にいます。
コンプレックスの塊だと思うのですが、実際こういう目にあうと腹が立ちますね。

どんな人間でも差別心がまったくない…なんて人間はいません。
それを表に出すか出さないかは、その人の教養の高さに比例するのだと思います。
教養の高い人は(たとえ心の中では差別心があっても)あからさまに相手を不快にするようなことは言わないし、態度にも出しません。
でも、そうじゃない、あからさまな人もこの世にはたくさんいるのですよね。
地域性もあるでしょうし、家庭環境、受けて来た教育によるのでしょう。

子供の世界は残酷ですよね。
平気で傷つけることを言います。
人種に関すること、言葉がネイティブじゃないことに関しても、いじめられることはあるのでしょう。
外国に住むっていろんな意味で大変です。
日本に住んでいたらこんな思いはすることないのに…って思いますね。

今回、moiさんがその子にはっきり言ったことが その子の将来にいい影響を与えてくれるといいですね。


   えいと@

これまたお返事が遅くなってすいません。
申し訳ないんですが皆さんへのお返事とさせてください。

書きましたが、かなり動物の本能に近い行動が差別、となるだけに、難しい問題なのは確かだと思います。
そして同じ人種間でも歴史や、それに対しての教育の違いからくる埋めがたい溝。これはまた、ちがった土台から来る差別で、教育の難しさ、というのを日々実感します。

ここが田舎で白人社会だから、というのも大きいと思います。NYにいたとき、ロンドンにいたとき、多国籍のひとがいる場所ではきっとここまでひしひしと感じなかったことが この土地では悲しいかな、まだあるのが現実です。

日本人は欧米人(白人)に対して寛容・・・っていうか、なんか、憧れみたいなものを持ってるのかもしれませんね、基本的に。友人のアフリカ系のひとも同じ事を言ってたことがあります。カリブ海あたりの国から(どこの国だったのかしら?)来ていた、漆黒の肌をした男の子(と言ってもすでに20歳になっていたけど)なんて、肌を白くできたマイケルジャクソンが羨ましい、まで言ってました。美的感覚的に、なんだそうです。
それも、ほ乳類ホモサピエンスのなかの、こころの根底にある本能みたいな物なんでしょうか。

養子のこと・・・これはまた、別の機会にもしチャンスがあったら書きますが、私も難しい事だとは思っています。でも全面的に否定も出来ない・・・とても良い親子関係を築いて素晴らしい大人に成人している方達も知っているから。

ミントさん、私もまったくそう思います。
ここにいなかったら、ここまでいろんな事に「自分のこととして」考える時間はなかったとおもいます。
私ですらそうなのですから、多感な子供にはいろんな影響を与えていく物でしょうね。
親は何も出来ない、本当にそうです。でもミントさんのお嬢さんは親御さんの真っ直ぐな生き方をみて、それだけ大変な問題への答えを間違った方向に見いださなかったのだと思います。子供が正しく育つこと、は、親が正く悩んできたこと、の証なのでは?


コメント欄でこんなに長くなってすいません。
でもみんな、同じように考えていらっしゃるんだなぁと知って、嬉しいです(わかってても、重い話題だからそうそうクチには上らないしね)。

あ、ゆんちゃん。あなたは大丈夫。おばちゃん(私) に「カラス・・・」と言える位だから〜 爆笑

長いついでにもうひとつ。
私はこれと決めた宗教はないのですが、趣味で一通りの宗教の教義は眺めて(勉強なんて言えるほどじゃないんで)いますけれど、

ここSLCが総本山に当たるモルモン教はその基本的な教えはむしろ尊敬すべき物と思います。

いろんな誤解・知らずに言われてしまっていることがあるけれど、今は社会問題になっている(のこっている僅かのヒトは隠れるように暮らしている)一夫多妻制だって、もともとは理由があった。まるでキリシタン狩りさながら(それ以上)の迫害をうけ逃げた先では男性は殆ど残っていなかったんです。(女の方が強いからねっ ケケケψ(`∇´)ψ)

話がそれたので戻しますが、「教養」のある人達はやっぱり問題ないみたいです、全体の中での自分たちの立場も他の人のバックグラウンドも分かろうとするから。だからこそ世界各地に宣教を送り、世界各地から移住者を受け入れている。
でも一部の、教養どころか私に言わせれば「常識」もややなさそうな、しかも熱心な信者が誤解を煽る行動をとっているのも事実です。

この宗教と 差別 が切り離せる物、とは言い切れませんが、多分その関連は他宗教一般と一緒だと思います。
大体において、どの宗教も自分の神以外は否定するしね。(こう言っちゃうと、それは差別じゃなく悪魔を否定してるだけとか言われそうですが、結局はそのもとの文章・言葉を読んで理解するヒトの知識の深さで全てが変わるんですよね。自爆テロが正義になるように・・・)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058622/32894106

この記事へのトラックバック一覧です: その後の報告とありがとう:

« 久々に大人気なく・・・でも間違っていないと思う | トップページ | ときどきしか作りませんが。 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

moiつぶやく。

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ