最近のトラックバック

« 早春賦 | トップページ | Ecco Domani/ Chianti, 2007 »

アメリカの国勢調査って・・・

Census2010(国勢調査)が届きました。
10日ほど前に「必ず出すように」という手紙も来てました(それだけで、全員に手紙?!)が、今回は本物です。
「え、捨てて良いんじゃないの?市民権もないのに?」
とは ダンナ。
だからねぇ、せめて最初の四角で囲まれたところ、読んでね・・・

P1030101_2

ずいぶん昔に日本でやった覚えがありますが、もっと質問事項は多岐にわたっていたと思う。
今回のCensusで聞かれたことはごく簡単。

家は持ち家か、借りているか、アパートか・・・とか
その家に何人住んでいるか・・・とかから
それぞれのヒトの名前、年齢、2人以上の時はそれぞれの関係。
そして各人に対して
「ヒスパニックか?」(スペイン語圏一般、の意味のヒスパニックね)
「人種は?」(ここで初めて、私達は日本人とかける。)

以上。

アメリカで公用語を2つにするという噂を聞いたことがあります。(ホントかどうかは知らん)
でも確かに、今アメリカでは不法移民と英語を理解しない人達のことが大きな問題のようです。
大抵の文書は英語とスペイン語で書かれているしね。

なんか、そんな背景を考えてしまう質問でした・・・・

P1030097

さて、先日使いかけの赤ワインがあったので、それを使って愛されている妻さんのコックオヴァンを作りました。
これ、実は簡単なのに凄く美味しい。
おフランス料理って感じです。

これはリピート決定料理のひとつになりました。

« 早春賦 | トップページ | Ecco Domani/ Chianti, 2007 »

クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

国勢調査、どこの国でもあるのね〜(当たり前?)。
公用語2つ説が出るほどになってるとは、大きな社会問題なのね。
あぁ、スペイン語、続けてれば良かったかも(問題が違う?笑)。

コックオヴァン、作ってくれてありがとう!
私が最初に覚えたフランス料理よん。
簡単でおいしい!(ここ、重要よね!)

国勢調査ってきたらウチもするのかなー?
以前オットあてに「陪審員任命」の手紙がきましたけど。
これはモチロン「市民権がないからできなよー」と返事しておきましたが、市民権がなくても結構きちゃうみたいですね。苦笑

いまやセルフレジでもスペイン語が当たり前にあるもんねぇ。。
なんでもメキシカンが多い州とかだとスペイン語が公立学校内での公用語になっている場合もあるそうでして、、いやはや、これってアメリカ人は何んと思っているのかなぁ。。

おフランス料理美味しそう!
古い赤ワインがウチにもあるから作ってみよっかな。

うち、カウンターに置きっぱなし。。。この用紙で、何かが変わるんでしょうか???。。。。って思っていたら変わんないよね!やらなきゃ!

たしかに、わたしも、昔やった覚えが。でも、結構面倒臭いのよね。

カナダは二ヶ国語の国なの。フランス語と英語が必ず、両方使われるのよ。(公的文書は、必ず、二ヶ国語が両面に書かれているの。French Launguage Lawとか言って、二ヶ国語が使われていないと、法律的に違法になるのよ)

ウチにも来ました。(モチロン夫担当です、苦笑)何ページもあって、や~大変そうだわ…と思っていたんですけど、そんなことくらいしか聞かれないんですね。アタシにも出来るかも…?
ウチに届いたのはスペイン語と両方で書かれていました。全米に同じ用紙が届いているんだと思っていましたよ~ぉ。
ここは、スペイン語だけでもぜ~んぜん生きていける街なので、英語が話せない人も結構います。なので、アタシも喋れなくても意外と気楽です…って、この甘い考えがいけないんですよね~。イカン、イカン!!

パパの友達によると、これは人口を調べるために10年に一度やるといっていたそうです。英語を理解しない人たち(ドキッ)それは私で~す。
しかも最近のドタバタで勉強していないし~~~~。公用語二ヶ国語案いいんじゃないんですかね~。英語だけが天下じゃないぞーshock

週末でコメント遅くなりました。すいません。

<妻さん>
ありがとうはこちらです!!!本当に美味しかった。
英語のレシピ、読むのは難しくはないけど 微妙な料理用語に翻弄されるんですよね。やっぱり、日本語で、しかも妻さんの分かり易い写真入りで見るのとは、頭のなかのイメージ作りの早さも違います。

国勢調査、多分アメリカのと日本のとでは目的が多少違うんじゃないかと。日本では国民の生活がどのように変遷しているかに重きを置いているのに対し(確か。遠い昔勉強したことなのでうろ覚えです)こちらのは民族の流入、流出とそれに伴う言葉や地域の変化を読み取ろうとしているのかなという感じがします。まぁ、全員が理解できる質問内容っていうのも、ネックになってるのかな・・・・


<おね太郎さん>
あ、うちも2度ほどきました、陪審員。で、どっちも丁度一時帰国中、とか、どうしても都合がつかない、などの時期でスルー(ホントはペナルティ?)。でも英語苦手なのに出来るわけないわ〜

この国勢調査は、その目的からすると市民権や永住権関係なし、のようです。というのも今回初めて知った私ですが 苦笑
スペイン語、ダンナはNYCで最初仕事をしていましたが、最初に簡単なスペイン語会話が出来るようになるよう、レクチャーが組まれていたようです。専門の通訳もいるけど、追いつかないって事でしょうね。
私?Doraという子供番組で「オラ!」「モイビエーン」くらいは覚えました 笑

<Nobukoさん>
そうねぇ、↑の妻さんの所にも書いたけど、目的が全く違うみたいね。でもあまりに簡単な質問で、え、それだけ?ホントにそれでいいの?的な気分になります。

昨日は会えなくて残念でした。でも暑かったね・・・4月18日でクローズだそうです。この日、みんな仮装してくるよ、一緒に行かない???


<モナちゃん>
あ、そうですよね。カナダ、特に東側はフランス語が多いですものね。一部ではドイツ語も通じるって聞いたんですけどホント?
カナダのあのゆったりした感じ(あ、これは個人的な印象で本当じゃないでしょうが)って、気候・土地ばかりじゃなくて、移民のもとの国も関係しているのかしら。

でも公用文書は全て2カ国語、ですか。その言語も勉強しようというモチベーションにはなりそうですね?


<みいこさん>
うちなんて捨てようとしてたくらいですからね。でもあのページ数は「一人につき1ページ」だからで、結局10分もかかりませんでした。
そういえば、あれ、2010年4月1日現在のこと、なんですよ。だから丁度きた郵便屋さんに「これをお願い」って渡したら「いいんだけど、これって4月1日以降に出す物じゃないのかなぁ、みんな出してるし最初の手紙で『来たらすぐ書いて返送しろ』ってかいてたけどね・・・」って言われました。(でも渡したんだけどね)


<よっぴいさん>
そうですね、そんな感じに受け取りました。

スペイン語を公用語にしてもいいかもしれない・・・けど、多分英語を理解せず流入してくる人達が増えることを懸念してるのかな、って気もしました。私もスペイン語でかかってきた電話は即切りますし 笑 スペイン語で話しかけるとつい、日本人スマイルしてしまいますcoldsweats01

ハロー。moiさん。
うちも来てましたねえ。あれ、どこやったかな。
これッてhave to なのですか?
国勢調査だからそうなのか?
前に2000年の時はやってないような。
センサス2000でしたが。。。
10年目だったのですね。そういえば。

フランス料理。おされですわあ。
ワインがススム君ですねえ。
御料理がんばっておられて尊敬です!
(私は最近全然ダメです〜〜)

<ミントさん>
いやーhave to って訳じゃないんじゃないですか?
でもこれだけ簡単だと、出しといてあげよっかな、という気分になったり・・・ 苦笑

料理はですねぇ・・・キライじゃないですし、食べたことのある味を思い出して作ってみたり新しいモノ(で、簡単なモノ)にトライするのも好きなんですけど、結構忘れちゃったりで 1回きりが多いんですよ。
最近よく御世話になる愛されている妻さんのレシピは、写真付きで食べたい!!って気分にさせてくれるのでこんな私でもなんとか作れるんです。

っていうか、子供が小さいときは 子供を手なずける skillですよねぇ(ダンナか、子供、どちらかがいなければ殆ど作りません、だからミントさんの気持ち、すっごくわかります!)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058622/33853952

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの国勢調査って・・・:

« 早春賦 | トップページ | Ecco Domani/ Chianti, 2007 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

moiつぶやく。

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ