最近のトラックバック

« 家族団らん? | トップページ | 春の足音 »

請願書類

さて、弁護士さんから要求された書類です。

これを揃えるために 順番としてやったことは
1.健康診断の予約をとる
  (これはいつ入れて貰えるかはそれぞれの医師の
    スケジュールによってしまうから)
  私は日本での前の職場に連絡し、感染症に関する検査結果を
  送ってもらいました(FAXと郵送)
2.日本の家族に連絡して大至急戸籍謄本を送ってもらう
3.戸籍謄本が届き次第 デンバー日本総領事館に書類申請
4.パスポートスタイルの写真を撮る
5.VISAやI-94などの必要書類のコピーを必要数とる

全部揃ったところでプライオリティーメール(配送証明付き)で弁護士に郵送

という順序でしょうか。
全部を弁護士に送付するまで、3週間弱かかりました。


必要とされた書類です。

A.G-325A という書類(プリントされて送られてきました)
    必要事項を記入して送り返します。
    出生場所から過去5年間の職歴、住所などを記さなければ
    イケマセン。

B.「移民局認可医師」による診断書
   これには予防接種歴も含まれます。
    必要な予防接種は 
           Mumps(流行性耳下腺炎、おたふく風邪)
           Measles(麻疹)
           Rubella(風疹)
           Polio(ポリオ)
           Tetanus(破傷風)
           Diphtheria(ジフテリア)
           Pertussis(百日咳)
           Influenza type B(B型インフルエンザ菌)
           Hepatitis B(B型肝炎)
   日本は特に結核がまだ多いので、
   ツ反に関しては厳しいみたいです。
   
   この診察は、幸い電話予約をいれた日から1週間のところで
    受けられました。
   診察日 前の職場から送ってもらった健康診断書の中から
   上記の感染症に関する部分のみ抜粋した結果
   (最終検査が3年未満なので有効だったよう)を持参しましたが

   ツベルクリン皮内反応(所謂ツ反)
   破傷風・ジフテリアの予防接種(ブースト)
 
   は、受けなくてはいけませんでした。
   胸部レントゲン写真はツ反が出なかったので
   いらなかったようです。


   あ、STD(sex transmitted disease, 性病ね)も検査するので
   (主に梅毒)採血もされます。
   
   ちなみに、この診察、二人で370ドルなり・・・ちーん。

C. 一人8枚のパスポートスタイルの写真。裏に名前を鉛筆もしくは薄いペンで記入。
D. I-94 両面のコピー
  パスポートのIDページ、ビザページのカラーコピー2枚ずつ
E. 婚姻証明・出生証明 各人のコピー
   これは領事館に有効な戸籍謄本1通と、
   必要数の証明書発行依頼用紙を
   パスポートIDページのコピーと共に郵送すれば
   1週間弱でやってもらえます。
  
   なんと、私はIDページのコピーを入れ忘れたらしく
   領事館から電話がかかってきました(ありがとう〜 泣)
   FAXもしくは データに落としてメールででも
   送ってくれればいい ということで
   嬉し泣きにダダ泣きしながらFAXしました。
   日本総領事館の担当の方、本当にありがとうっっ

F. 家族構成や会社などでのメンバーシップを記入する予備用紙
G. I-134という書類(先生・・・爆笑 ちがうって、宣誓供述書)
H. 今までのVISA、必要ならI-20、VISA statusをサポートする就労証明、雇用契約書のコピー


そして、ここには書かれていなかったけど、後ほど日本からの戸籍謄本のコピーも婚姻証明・出生証明のオリジナルとして要求されました。(原文でOK)


はぁ、請願だけでこれだけなのですから、最初の手続きの書類たるや、大変なことだったに違いない。
特殊技能なんて、なにが特殊かはその分野に居るつもりでも知らなかったりするしね。

つづく。


       

« 家族団らん? | トップページ | 春の足音 »

グリーンカード手続きその他」カテゴリの記事

コメント

うっわ~~すげ~!!
としか言いようがないですなぁ。。

ビザ申請の時
「過去二箇所の上司の名前」には参ったなぁ。。そんなもん(フルネームなんて)知らないよっって。笑
ツ反は日本人が多いところ、または日系クリニックだとすんなりいくけど
違う地域は説明も大変ならしいですね。

続くのはこれまたすごい。
ホント覚書ですね。
(大変失礼ですみません。。)

<おね太郎さん>
あ、続くって言ってももう、あとは殆ど。。。次の呼び出し通知が来るまで、まともなこの話題アップはないです 笑

え、ビザ申請にそんなこと書くところ、ありましたっけ????(全く記憶にない)

うわ〜、すごい!
夫は日本での永住権を持っているので、同じようなな申請をしたはずだけど。
でも、健康に関する書類はなかったような...
弁護士も必要なく、夫が一人でほとんど用意できたような?!
移民大国アメリカ、意外と大変ね!

<妻さん>
そうですよね。でも本来、永住権は自分で申請できる物なのだと思います。
アメリカは今 不法移民の問題が本当に大きいらしい。だから周りの人には、きちんと手続きをして税金も納めている人間が苦労して、不法なのに平気で暮らしている移民がただ金を稼いでいくとは何事だ、と私達の代わりに?憤ってくれるアメリカ人もいます。
うちはただ、自分たちで調べてないから大変に思えるだけなのかしら。よく分かりません。いずれにしてもビザも取るのが難しい昨今、ここまでこれたのはラッキーです。

うわぁ、、、もう見るだけで疲れちゃう(笑)
ごめんなさい(--;moiさん方が大変なステップを踏まれているというのに…

私もこっちでまず結婚式をして、ビザ申請という手続きに入りましたが、調べているとき頭がどうにかなりそうでした。
まず面倒で面倒で(笑)そう思うとこれまた腰が重くなる!
いやしかし、乗り越えなければならないんですよねー
moiさん方の場合は、私なんか(国際結婚)よりもはるかに大変でしょう。

だけど請願に行き着くまでに2年半ですか?!
もうびっくりです。さすがアメリカ…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058622/33708738

この記事へのトラックバック一覧です: 請願書類:

« 家族団らん? | トップページ | 春の足音 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

moiつぶやく。

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ