最近のトラックバック

« 一斉に咲き始めました | トップページ | 春休み旅行5日目 再びアルバカーキ »

春休み旅行4日目(3) Santa Fe アーティストの町

今日はひたすら写真で・・・(笑 手、抜いてる訳じゃないですっ)

Img_6054

(あ、ここ、売りに出てますねっっ・・・今気付いた)

Img_6056


Img_6064_2


どれもギャラリーの外観。
個性的ですよね。で、とても素敵。
アーティスト個人が持っているギャラリーもありますが、
ギャラリー所有者が 好きなモノを集めている、というのも。

Img_6068

もちろん、それぞれのギャラリーの特色を現してもいるのでしょうね。

Img_6069

この写真の殆どはもちろん、中も見てます(お休みの所もあったけど)。
美術館と同じと思っているので、購入検討するほど気に入る、とかしなければ写真は撮りませんが。

Img_6070_2

前にもどこかで書いたけど、Santa Feは町の活性化と観光客誘致のため
法律で この独特なadobe形式もしくはそれに準ずる土地独特の手法で建てられた建物 以外を認めてません。
このCanyon Road沿いにもリモデルを考えてる?お家がありましたが
ちゃんとこのように、許可証が貼られています。

Img_6085

Canyon Road一周してきました。
私達もくったくた・・・でも流石はイースターサンデー、途中にある小さなカフェは皆休み・・・

ということで、Canyon Roadに着いたときに立ち寄ったカフェ(↑の写真で、ロートレックの絵のかかっているところ)に行くことに。

Img_6088

閉店間際に飛び込んでしまいました。
ホテルからのお迎えをお願いして、アイスを食べながら待つ私達。

このカフェのご主人、フランス人で、アメリカにはもう25年ほどになるのだとか。
8年前にこの夢だったCanyon Roadという場所にギャラリー(カフェの隣です)を持ったのだそう。
小さなカフェですが、おフランスの空気shine漂う 素敵なところです。


Img_6090

さて、ホテルに例の紫タクシーで戻った後、今晩のレストランを決めました。
やっぱり疲れていたので、近所のイタリアンに決定。
歩いて5分ほど、Santa Feの駅裏のショッピングモールにあります。
ご飯に向かう途中、丁度電車が入ってきました。

Img_6095

この電車の写真を撮りに来ている人、見に来ているヒトが結構沢山。

Img_6097

本当はこれに乗りたがっていた子供達でしたが
まぁ、写真が撮れて、目の前で見ることが出来て
ちょっと嬉しかったようです。


Img_6101

さて、夕飯に選んだのはイタリアン PRANZO。近くて家族連れにもいい、とホテルのオススメリストで見つけました。


Img_6104

席に通されると、子供の目の前に「ぺたっっっ」とスタンプ。
そう、KIDS MENUです。
これ、紙代も無駄にならないし、クレヨン渡されて「自由に書いて良いよ」なんて、子供は大喜びですよね。
もちろん、テーブルを汚さないための白い紙が敷いてあるから出来ること( ̄▽ ̄)


Img_6107

案内してくださったお姉さんに「ちいちゃなアーティストは、どんな素敵なテーブルクロスに出来るかしら?」なんて言われたら
そりゃー 力はいります・・・・単純だわー┐(´-`)┌


Img_6119

ちょっと飲むのをセーブしようかと(肝臓のために)言ってたけど
日曜のこの時間、なんとボトルは半額!
そりゃ、飲むでしょ 爆笑
まずは 子供もいけそうなところで カラマリ。

Img_6121
小僧はグリルドチキン。(これがねぇ、美味しかったのよ!振りかけてある白ワインの香りがふわっとして。)

Img_6123

娘はスモールpizza。

結構なボリュームだし、大体小僧のなんて、大人の量でしょ・・・・

Img_6128

私はSPAGHETTI CON GAMBERONIというパスタをひとつと(でもハーフサイズです、皆で食べきれるかどうか不安だったので)

Img_6126

ダンナ様はVITELLO CON FUNGHIという、veal肉のマッシュルームソースのプレート。

お腹いっぱい、ワインも美味しくて程よく酔っぱらって(今度は歌うほどではなかった 笑)
夕暮れの中、ホテルに帰る私達。


Img_6145

酔っぱらってるのに、子供と追いかけっこしてますよ・・・おいおい。


Img_0300
ホテルに帰った時に、まだここのラウンジでのコーヒータイム
(4時から8時半まで、コーヒーと簡単なおつまみがサーブされています。もちろんcomplimentary♪)でした。

ということで真っ直ぐコーヒーを頂きに参りました。
デッキからは夕暮れのSanta Feのまち。

あしたはもう、最終日だ〜 泣


参加してます。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

« 一斉に咲き始めました | トップページ | 春休み旅行5日目 再びアルバカーキ »

Gremz」カテゴリの記事

お散歩日記」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

テーブルクロス用に敷かれた紙に絵を描くのは私も一緒です。(笑)
なんかあんな大きな紙みたら興奮せずにはいられないのです。
しかし、お嬢さんが描いた?木の絵、超可愛いですね!そのまま額縁に飾っておきたいくらいカラフルで、子供らしくて好きです。

moiさん。ハローです。

4枚目のお写真の巨大ハサミのオブジェ!すご〜〜く気に入りました。
ほしいくらい〜〜(って、どこに置くんや〜〜〜〜)。

列車の感じは背景がヨーロピアンなかんじ〜(行ったことないけど〜ロンドン周辺しか)♪
のんびりしていていいですね。
イタリアンもいいなあ。今日のランチはパスタにしたくなりました(笑)
食後のティータイムのコーヒーもサービスで尚うれしいですよね〜。


こんにちは、えいと@です。

>Santa Feは町の活性化と観光客誘致のため
>法律で この独特なadobe形式もしくはそれに準ずる土地独特の手法で建てられた建物以外を認めてません。

あ〜これ ↑ いいですね。
日本ももっと、こういうの条例で制定すべきですよね。
京都なんて…もう悲しいことになっちゃってますよー。
せっかくの京都の街並が…残念ですー。

レストランの紙のテーブルクロス、そんな意味もあったんだ〜。
子どもと一緒だとクレヨンをくれるんですか。
へぇ〜。いいですねぇ。
待ってる間、退屈しなくてすみますねー。

   えいと@

電車はどの子どもも喜びますね~~
東京で「あ~!700系だ!」と大声上げられたときは
どんな田舎モノだと周りに思われたか・・・(〃▽〃)
子どもメニューいいですよね。
でも、赤青黄のクレヨンが増えてくの~~
持って帰らなくてもいい!ちゅうに!
たま~に違う色だと母ちゃんも嬉しい。笑

おいし~~いイタリアンいいな~~食べてないな~~
サンタフェ行って見たいなぁ。
でも次々回は「南の海」になりそーです・・。

サンタフェ行きたいです。
そうあの例の写真集(りえちゃんね♪)が出た当時から、実は行ってみたいと思っていました。
でも写真集より、moiさんの記事の方ではるかに行きたい気持ちが増したのだけど(笑)
どこもかしこも、可愛くて~
確かに写真が忙しくなりそうな所!目の保養にさせてもらってます。

いつか言いそびれましたが、moiさんとは同世代だと思ってるんですが…そこはさておき…なので、番外編のユーミンで泣きそうになりました。
思いで深くて~
あっちでコメ残そうとしたら、突然うちのPC機嫌が悪くなっちゃったのでね(^^;

<locoさん>
うわ、もしかしてlocoさんは芸術家肌ですね?!すごーい。
子供が一緒だと、大抵の店はkids menuをプリントしたものをくれるんです。ラミネートで覆っているもの、裏が塗り絵になっているもの、という感じで、子供が飽きて店内をうろつかないような工夫なんでしょうね。でもこの、テーブルに敷かれた紙にハンコ、そして「そこに書いて良いよ」、は初めて見ました。
うちの子達、結構笑える絵(芸術的にはどうかと思うが)を書いてくれます。小僧の書く悪人なんて、すごい悪人面してるし!一度見せたいくらいです。


<ミントさん>
うん、このはさみ、一度通り過ぎたんですけど、写真を撮りにもどりました 笑
列車の背景・・・イギリス郊外の、なんにもない駅、って感じってことかな( ̄▽ ̄)
でもほんと、のんびり〜と時間が流れていました。

ホテルの夕方のティータイム、結構みんな使っていたようです。でも殆ど他のひとには会わなかったなぁ。いつも暖炉で薪が爆ぜていて、厭味にならない音楽が静かにかかっていて。今回の旅行、ご飯もそうですが、ホテルのお陰でさらに良い印象だったのだと思います。

<えいと@さん>
あ、えいと@さんに書こうとしたこと、locoさんのところに書いちゃった 笑
おね太朗さんも書かれてますが、子供とご飯を食べに行くと落書き出来るキッズメニューとクレヨンをくれるんです。確かにこっちの子、飽きてすぐうろうろするしね・・・
でも自宅で放置したクレヨン(および、それを踏んづけて粉々にしたもの)を私にものすごく怒られながら捨てられている我が家の子供達、持って帰る、はなかなか言いませんね、最近。怖い親なんです、わたし。


<おね太朗さん>
700系を知ってるだけ、いいです!それは電車が好きな男の子、として微笑ましく見て貰えます。うちの子は「なんで上に紐がついてるのー?」(こっちのディーゼルばかり見ている影響か。電車の「電」の意味が分かっていないのか。)。。。周りの方がうけてくれました。

南の海?!キューバ?バハマ?アカプルコ????それとも島かな〜 いいなぁっ

<Hiromiさん>
私ねぇ、あの写真集しっかり見たことないんです。でもあの赤茶けて不思議な感じの「土壁」(今ならあれこそアドビのスタッコだと分かるが)の印象は強かったなー。
え、この写真で行きたくなってくれました?うれしーな♪
違う空気の流れる町なので、ぜひ行ってのんびりしていただきたいわ〜

あははは、ユーミン、聞き出すと止まりませんね。日本に帰ったらユーミンの最近のアルバムを買おうかなと(そしたら姉妹にも貸せるし)思ってます。
同世代かな?私の方が一寸上だとおもってました、あ、でも世代、だったら同じくらいかな 笑

ご主人と子供さんたちが3人で手を広げてる写真いいですね~
仲良し親子??お友達親子??みたいな感じがとてもいいですね~
息子さんがおいしそうに食べてるところも。。。

それと、夢のあるテーブルクロスも素敵です。
大人だけで行ってもこういうサービスがあると、つい描きたくなりそうです。

こんばんは

どの建物も個性的で、被写体としても楽しくなりますね!
列車も個性的で見物する人が多いのも納得。

料理ももちろん美味しそうですが、テーブルクロスに絵が描けるなんて素晴らしい心配りですね(^o^)/
お子さんの気持ちを大切に出来るお店に「ハズレ」って無い気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058622/34247128

この記事へのトラックバック一覧です: 春休み旅行4日目(3) Santa Fe アーティストの町:

« 一斉に咲き始めました | トップページ | 春休み旅行5日目 再びアルバカーキ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

moiつぶやく。

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ