最近のトラックバック

« 春休み旅行4日目(3) Santa Fe アーティストの町 | トップページ | 逆に慌てる の巻 »

春休み旅行5日目 再びアルバカーキ

Img_6151


とうとう最終日です(;ω;)
飛行機は夕方だし、今日はゆっくりめに起きました。
朝ご飯は今日も ホテルのラウンジで。
暖炉に薪がくべられて、心地よく温められています。

このホテル、良かったなー。
バトラーは必ず私達の名前をつけて挨拶してくれるし(どこの賓客だよ)
ジュースは当然のように絞りたてだし
ひそかにタオルチェックをしてしまう私も 良いタオルだ!と思ったタオルをふんだんに入れているし。

今日は車で戻って、アルバカーキで過ごすことにしました。

Img_6155_6

まずはIndian Pueblo Cultual Center. なにげにnative Americanのものが好きなダンナのリクエスト。

Img_6152

↑のはメキシコとの戦争時、native Americanが一緒に闘った、というので作られたモニュメント。


Img_6156

このあたりには沢山のnative American communityがあります。
そして、彼らは独自の文化を残すため、協会をつくって文化保存に働きかけています。

Img_6161

ここに書いてありますが、TeePeeと呼ばれるこのテントに、全てのNative Americanが住んでいると思っている(ホントか?って言いたいけど)ヒトも少なくないのだそうです。とても残念なことだよね・・・そして、このmuseumの目的の1つは、そういうヒトにも彼らの文化を知って貰うこと。
お恥ずかしながら、私もこんなに部族で違いがあるとは思いませんでした。

Img_6163_3

昔使われていた、アドビスタイルのオーブン。
でもこれすら、スペインの影響が強いらしい。

行ってよかったな、っていう感じのmuseumでした。

Img_6165_3

さて、アルバカーキのオールドタウンにもどって、お土産でも見ようかな。
お昼ご飯は、先日も来たけど 美味しかったので同じところに・・・(芸無し)

Img_6170_6

昨日から大分気温が上がっているので、外で食べてたヒトもいましたが
なにせ凄い風・・・・私達は真っ直ぐ、店内へ。


Img_6174_3

「あ、それは・・・」かけないんじゃない?と言おうとしたけど もうかけてしまった、旦那様。
まぁ一緒に食べるのは同じだしね・・・・

Img_6177_2

私はold style rellenoというのを注文しました。
おいしー(でもおおいーっ)♪

Img_6182_2

子供達には「1コずつだけ、お土産を買ってあげる」と言っていました。
お嬢は 先のMuseumで インディアンフルートを買い
小僧は実は 欲しいモノがあったけど 300ドル以上してるので
「も、もうちょっと安いモノにしようよ?」と私達に諭され・・・(可哀想に)
そして今、真剣に探しているところ・・・

Img_6185

この、窓辺にみえる こっちっぽい色遣いの布が好きだなぁ。


Img_6190_3

この一角、結構面白いお店が並んでいて(無事小僧のお土産も購入)
万華鏡ばっかり集めたお店なんかもあって。

で、さらにこのお花にひかれて路地に入っていったんですよね。

Img_6191_2

おおおーーー!ブリキのおもちゃ、ばっかりです!!!
ダンナと私、いきなり元気になっちゃった。

欲しいけど、ここでわざわざ買っていく物か?ということで断念。


Img_6197_2

なんか、いいよねー。この日差しにこの建物。この色遣い・・・


Img_6200_2

流石に数日いたので この色遣いのタイルに興味を示しだしたお嬢さん。

Img_6202

お土産をちょこちょこ買って、アルバカーキの空港へ。
空港の椅子、このリベット使いが、「なんか可愛いよねぇ」。。。。とつぶやく私に
「そう?」と嬉しそうな子供達。
・・・・い、いや、ちがうよ!
確かにピンクが妙に似合う、私の色白息子ですけど・・・・

長い旅行記になってしまいました。
お付き合い下さって、どうもありがとうございます。
女優さんの写真集でしか知られてないのは残念な町です。
チャンスがあったら、是非行ってください。

世界遺産のタオス・プエブロや
Bandelier National Monumentなんかもあります。

あ、そうそう、里帰り便を探すのにHPを見ていたら
ナビツアーではサンタフェ周辺のオプショナルツアーを持ってました。
これだったら、日本語のガイドさんも付くから更に楽しいかもね。
(私は関係者じゃないですけど・・・・)


参加してます。お帰りの際 気が向いたら押してくださいませ。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

« 春休み旅行4日目(3) Santa Fe アーティストの町 | トップページ | 逆に慌てる の巻 »

お散歩日記」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいホテルの質の良いサービスってのはお金を出す価値がありますよねー!
値段だけが一流のとこもありますけど・・・。

ダンナさま、それ、トルティヤでは??確かにクチに入ればいっしょだけどねー笑

ネイティブアメリカンセンターってシカゴのダウンタウンにもあるのですよ。
今は混血も多くなって生粋の「○○部族」ってのはかなり少なくなってきているけど
基本母親の系列の文化を継承するそうです。
こんだけひろいアメリカ、そりゃ住む地域などによっても
かなり違って当たり前なのに、悲しいかなイメージって刷り込まれてしまいますよね。フジヤマ、ゲイシャみたいなもんで。。
フラットスタンリーくんの本の忍者バージョンも今だそうだもん・・。

あっ!話はそれますがFlat Stanleyで検索すると
ボランティアとかで「やりますよー」とアメリカ全土からのスタンリーくんが
ずらずら~と並べてあったりするんですって!
そりゃ、他州とかに親戚がいない子もいるでしょうからね~~
サイエンスフェアの王道の「火山の作り方」もいっぱいあって笑いました。
一度おヒマな時にでも見てみて。

息子くん。ピンク似合ってる!
ウチのは赤ちゃんの時からおねえちゃんのは
ぜ~んぜん似合いませんでした。苦笑


へ~シカゴにもあるんですね。ネイテイブアメリカンセンター。結構意外です。子供が小学生とかだったら、きちんと勉強しなくちゃいけない問題だわ。NZではホストマザーの養女がマオリ族でびっくりしたのを思い出しました。
料理はいつ見てもおいしそう!何気に提灯みたいのが気になるんですけど。綺麗だわ~。ブリキのおもちゃ。私もエキサイトしてしまいました。何故こんなところに!?

moiさん。ハローです。

本当に良いご旅行でしたね。
なによりです。
この街のネイティブアメリカンな色合いというか、
テラコッタ♪なかんじがいいですよね。
ランチもまたまたおいしそうですなあ。お腹減って来ました〜〜〜。

機会があれば、是非是非行ってみたいと思いました。


こんにちは、えいと@です。

ネイティブアメリカンの歴史も深い物がありますよね、
NY州バッフアローにも、カナダとの戦争時にはアメリカ軍にインディアンたちが加勢して戦ったという歴史があります。
自分たちが生きていくにはどうしたらいいのか、インディアンたちなりに賢明に模索したのでしょうね。

いい旅行になりましたね。
家族でこんな風に旅行するってステキなことです。
これからもいっぱい思い出を作っていってくださいね。

   えいと@

<おね太朗さん>
流石シカゴ、いろんなものがあるんですね。
ユタはnative american居住区だってあるのに、その文化に対しての保護姿勢が弱すぎる気がします。いや、認識がないんでしょうね。居住区の生活レベルの低さ、皆が結構苦労している話、よく聞くし、ドネーションも時々行われてるんですけどね。
文化は言葉の喪失と共に消えてしまうモノ。大事にする姿勢は、気付かないと産まれませんね。

Flat Stanleyくん、楽しそうだなぁ、やっぱり。
うちの学校やらないのかなぁ???


<よっぴいさん>
養女がマオリ族〜 たしかにビックリするかも。でも彼女は文化継承とか、思うことがあるのかな?そんなこと言ったら日本だってアイヌ族とかいらっしゃるんですよね。文化保存に働きかけていらっしゃる方もいるけど、多くないって聞きます。

提灯、笑 私もそう思いました。中国???って。
でも結構見るんですよ。なんだろ、スペイン文化なの????
ブリキのおもちゃ屋さん。完全に「趣味」なんだそうで、でもあの品揃えは凄かった。オトナ二人が欲しそうにしているのをみて、子供達が「パパもママも1個ずつお土産買っていいよー」。。。偉そうに。


<ミントさん>
San Diegoのダウンタウンに、SANTA FEって書かれた駅があるの、ご存じ?
もしかしたらあそこから電車で行けるのかもしれないです(まだ調べてないけど、サンタフェのガイドブックに同じ写真が出てた)。
だとしたら、ミントさんの所からサンディエゴ→サンタフェ、ってのも可能????


<えいと@さん>
ホントにそうですよね。
ネイティブアメリカンの歴史に感嘆した後、自国のことを思い出しはっとしました。
日本だって単一民族じゃないんですよね。
それこそ、昔からいろんな文化があって、だからこそ江戸時代の藩制度があったころは 地方色が豊かだったのかも。
上に書いたアイヌのこともそうですけど、もっともっと、地域の歴史を大事にすることこそ、(再興したサンタフェ、アルバカーキのように)地域経済の復活の道なのかもなと思いました。

ありがとうございます(。・w・。 ) 家族で時間が持てることはこの上ない幸せですね。でも見習ってるのはえいと@さんご夫妻のように 一緒に楽しめる時間を大事にする、って事なんですよ 笑 ベランダの焼き鳥〜とかね(*^m^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058622/34247351

この記事へのトラックバック一覧です: 春休み旅行5日目 再びアルバカーキ:

« 春休み旅行4日目(3) Santa Fe アーティストの町 | トップページ | 逆に慌てる の巻 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

moiつぶやく。

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ