最近のトラックバック

« 山口の旅(1) | トップページ | 山口の旅(3) »

山口の旅(2)

P1040779_2

手ぶれぶれですが・・・(A;´・ω・)アセアセ 客車内はこんな感じで。

P1040780

こんなライトカバーまで、ちょっと凝ってるんです。

P1040787_2

自分の家には入れないだろうなぁ、とおもうような曲線のものも、このアクセントがこの車両にはとてもあってる。。。座席も懐かしい対面式です。

P1040786_2

窓の外には、オレンジのぴかぴかした屋根が増えてきました。
これ、石州瓦(せきしゅうがわら)なんです。石州瓦って?はこちら。 Wikiの石州瓦はこちら

瓦の色が違って、ぴかぴかしているだけで、家って新しく見えるんですね。
ちょっと異国情緒〜的な気分になります。

P1040789

緑濃い山の中を、SLは進んでいきます。

P1040806_4

まだ梅雨も明けたばかりで、ときどき曇ったり、かぁっと夏の日差しがさしたり。


P1040810_2

途中で小さい果樹園をみました。こうやって1つ1つ、袋を被せ大事に育てるんですよね。
日本の果物、おいしいけど高いわけです。


P1040812_2


終点は山陰の小京都と呼ばれる津和野です。

P1040823_2

駅を出たら、ばった発見!

P1040826_2

当然吸い寄せられる小僧。。。笑


P1040831


暑い日でした。日差しが痛いくらい。
お昼過ぎに津和野へ着きますので、この辺りでご飯を食べるところを探します。

P1040835_2

石州瓦、良い感じです。

P1040838

ステキなお米やさん発見。

P1040841_2

こんなのも発見happy02 今時100円だなんて・・・(ああ、買って飲んでみれば良かった・・・)

P1040844_2

お昼に選んだのは、郷土料理遊亀、お店の中に沢山のそろいの陶磁器。壮観です。
きっと昔から、おもてなしを出すところだったのでしょうね。

P1040846

店内中央に小さな流れ。。。一番手前は錦鯉ですが、そのあとには鯉のあらいにするらしい?鯉や、鮎が泳いでいます。(ダンナの鮎定食は、ここから引き上げた鮎を料理して出てきました)


P1040848_2

店内。。。あれっ ぼけぼけだー 笑


P1040850_2

こちらは私の頼んだ、山菜定食。刺身こんにゃく、美味しかったです。

P1040851_2

で、ダンナの鮎定食は 先ほどすくい上げられた鮎。。。刺身に、塩焼きに、鮎飯。あとなんだっけ・・・鮎4匹くらい使われてました。


P1040852_2

これはうな玉重、だったかな?
名前の通り、鰻に温泉卵です。おじいちゃん、おばあちゃんが食べてましたが、美味しかったそうです。

駅からここまでで、体力もカメラの電池も結構使っちゃったんですが、涼しい店内で沢山食べてみんな元気になりました。ははははは。

***** ***** *****
ホントに「くそ」暑かった・・・
日傘の威力を、初めて知りました。(こっちには持ってこなかったけど・・・)

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

**** ***** *****

« 山口の旅(1) | トップページ | 山口の旅(3) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ウナギの記事にコメント入れたはずなのに、入ってなかったみたい。
ま、いいや。

3世代旅行もしたのね!
そうそう、レールウェイパスってすっごくお得なのよね。
しょっちゅうシステムが変わってるようだけど、使わないと損。
ほんとのSLに乗ったなんて、小僧ちゃん大興奮だった?!

瓦や外壁って、その土地の土の色だったりするから。
プロヴァンスに行くと、土がオレンジでレンガも同じ色。
コッツウォルズに行くと、特有のベージュっぽい石が使われてて。
それが全体の雰囲気を作り上げたりしてるのよね。

どここかも雰囲気ありますねー!
まぁ軽トラは見慣れてるけど。笑
昆虫に吸い寄せられるのは男の子。
未満児クラスの時もうちのは虫かご持って
登園して「あり」を入れて帰ってましたよ。苦笑

あーーおいしい刺身こんにゃく食べたいっ!
あれってこんにゃくの良し悪しが出ますよねぇ。。

<妻さん>
あらら、コメント入りませんでした?ごめんなさーい。
3世代旅行、一時帰国時には心がけてやろうとしているんですが、去年のように私の親も連れて行くことは(時間の都合もあり)出来ませんでした、残念。去年は馬籠宿、妻籠宿に行ったんですけどね。
JRPは歩き回るひとにはかなり、お得ですよね。実は今回、別行動してたダンナが大阪に来る日に財布その他を入れたバックパック(この歳でバックパックは止めといて欲しい・・・・)を電車に置き忘れたんですが、JRPのみポケットに入っていて、なんとか大阪まで来ることが出来ました。JRPじゃなかったら 全額友達に借りないといけなかったし、大変だったよね、と言ってたんです。
あ、バックパックは無事、上総一ノ宮で見つかり(爆笑)宅急便で送られてきました。
置き忘れた鞄がなくならない日本って凄い、と言ってたけど、よく考えたら「置き去りにされた不審な荷物には触らず・・・」の張り紙、どこでもされてましたっけ、10年以上前の事件はこんなところで私達の役に立ってくれたのです〜 大笑

<おね太朗さん>
はははは、でも軽トラすら、日本の風景だーと(帰国直後は)思って感激してた私( ̄▽ ̄) だって、ユタってバカでかい車にみーんな乗ってるんですもの・・・
男の子って、ほんと、なぜか昆虫好きですよね。でも「あり」を入れてきた話は笑いました。

刺身こんにゃく、ほんとですね、こんにゃくの善し悪しかぁ。水の美味しさもあるのだろうか?よくわからないけど、
いずれにしてもこーいうのを食べるとしあわせーになれる日本人で良かったと思いました〜;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

SLから見える風景いいですね~
こんな時にビルだのなんだのが見えると、??って感じになると思う。

古民家のようなお店もいいですね~
お料理どれもおいしそうだけど、σ(^_^)が気になったのは‘うな玉重’
温泉卵が乗ってておいしそう~!!

でも、今日のイチバンはバッタに吸い寄せられる小僧クンかな(笑)
うちにもありました、そういう時期!
その純粋な時期はどこに行ったのでしょう、って感じです。

<あっぴぃさん>
流石!お目が高いっっ
私も一瞬、うな玉重(温泉卵は、やっぱりポイント)にぐらり、でしたが、なにせ暫く贅沢な食事を戴き続けたので(いや、私にとっては贅沢、ってことです) 少し繊維を・・・なぁんて色気?が出て。どっちも美味しかったですけれどね。

小僧の「バッタ!!!」としゃがみ込んでしまう反応、こんなの、あと数年で終わっちゃうんでしょうね・・・・ちょっと寂しいなぁ(いや、大きくなってもやってたら困るが)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058622/36125808

この記事へのトラックバック一覧です: 山口の旅(2):

« 山口の旅(1) | トップページ | 山口の旅(3) »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

moiつぶやく。

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ